私たちの研究室では、生体類似の自立的な情報変換能を有する機能性のナノ分子構造体よりなるデバイスを工学的に利用可能な形で構築することを目的に研究を行っています。
具体的には、構造材料として工学的に利用可能で優れた構造形成能を有するペプチド分子に、糖鎖・
DNA等の生体分子あるいは、金属ナノ微粒子等をコンジュゲートさせた複合分子集合体のナノ構造を種々制御することで、情報の受容・変換及び信号の発信機能を併せ持つ新規ナノデバイスの開発を目的にしています。