現在、ペプチドグラフ鎖の一次構造(アミノ酸シーケンス、ペプチド鎖長、グラフト率)を系統的に変え、ナノシート構造より成る分子膜形成のメカニズム、及び、従来ブラックボックスとして扱われてきな膜の透過機構に関する分子論的な解明に取り組んでいます。
 この両親媒性ペプチドは、主鎖高分子電解質が解離する条件化で、液−液界面において脂質二分子膜類似の、しかしながら非常に安定な分子膜を形成しました。得られた分子膜を介するアミノ酸の透過性を測定したところ、ペプチドグラフト鎖と同じ光学活性を有するアミノ酸に対し、その透過性比は26倍と非常に高い値を示しました。
 分子デバイス構築を目的に、自己組織化によるナノ規則構造体の構築に関する研究が盛んに行われています。ナノ規則構造体の構成単位にペプチド分子を用いた場合には、刺激によるペプチド分子の二次構造転移に伴うナノ規則構造体の構造制御及び、その構造変化に伴う機能制御の可能性が期待されます。
 β−
シート構造を形成するペプチドは、アルチハイマー病や、牛海綿脳症に関るタンパク質として恐れられていますが、一方で、分子間水素結合により安定な二次元ナノ規則構造体を形成することから新規材料への応用が期待されています。我々の研究室では、安定な二次元ナノ規則構造体形成及びその機能制御を目的に、高分子電解質側鎖に疎水性のペプチドグラフト鎖を導入した両親媒性ペプチドを用い、分子膜を形成し、その構造と膜物性、特に物質分離特性に関し検討しています。

両親媒性ペプチドのナノシート形成とその膜物性